バツイチの再婚が難しいと言われる理由

   

バツイチ再婚のこと

このまま一人をずっと通すのか。

バツイチで独力で生きていくのは非常に辛いものです。
別れて、もう結婚はいいやと思っていても一人は寂しいものです。

そこで、考えないといけないのがどういった相手を探すかです。

難しい理由

再婚が難しい理由

・ 世間体を気にする
・ 偏見を持たれる
・ ネガティブ思考になっている
・ 再度の離婚を恐れる

こういった理由があります。

特に、初婚の相手の場合は周囲はなぜ離婚をしたのか気にしています。
それで、反対されたり偏見を持たれています。

相手に比べて、一度離婚をしているので慎重になっています。
ネガティブになっているので、相手にうんざりされているケースもあります。

こういったことをしっかりと説明をしないといけないです。
初婚相手の場合には、周囲に納得してもらわないと幸せになれません。

初婚と再婚の違い

 

初婚と再婚での違いは

1 結婚までのスピードの違い

なんと言っても、再婚は結婚への躊躇度が低いです。
やはり、初婚だと「この人でいいのだろうか」と迷います。

ある意味、結婚してから勝負ということです。

2 相手に求めるものが違う

初婚の時は好き、それだけ突っ走ります。
しかし、再婚となると経済的なこと、信頼関係。

こういったポイントをしっかりと考えて対応をしています。

3 男は初婚でも、女性が再婚の方が円満

男性は初婚でも、女性が再婚のケースが夫婦円満と言われています。
女性も一度離婚をして、かなり精神的なダメージを受けたことに懲りています。

そういった意味では我慢をして、ある程度合わせることでうまく円満家庭となります。

4 再婚であれば、双方の両親が細かくない

女性の父親などは娘に神経質になっていると思われます。
しかし、これがないようになるようです。

やはり、一度離婚をしているので周囲がうるさくないことが多いと言われています。

5 再婚は結婚式などのコストが違う

結婚にお金を使うことが、それほど負担とならないようです。
それを考えると、男女共にメリットが大きいかもしれません。

6 再婚時には結婚への理想が違う

結婚をして、夢を見る。
これがなくなります。

一度失敗をしているので、相手への配慮もあるでしょう。

バツイチが有利なこと

バツイチで有利な人がいます。

それが、50代以上の自営業者。
最大の理由は経済的な理由でしょう。

やはり、自営業をその年令までやっているのは少しは蓄えがあります。
さらに、年齢から考えて余裕もあるでしょう。

子供もすでに一度作っていれば女性へのプレッシャーも少ないと言っていいでしょう。

相手選び

バツイチで相手選びが重要となってきます。

一度失敗をしている、二度目も同じ轍を踏みわけにはいけません。
しかし、どうやったらいいのでしょうか。

精神的なダメージが大きいのが離婚です。
それを考えると、しっかりと考えて行動する必要があります。

3組に1組が離婚をする計算です。
人口動態統計では、婚姻件数63万5156組に対し、離婚件数は22万6215組。
つまり、比率では3対1の比率です。

こういった離婚は経済的破綻を招く可能性が高く、双方に大きな損害が生じます。

では、女性が相手に求める条件とはどのようなものでしょうか。
経済的安定がダントツ。

学歴や身長を求める人も多いですが、それを凌駕するのが経済的安定度。
男性は、とにかく収入が高いと有利という構図です。

男性が求めるケースで最も重要なポイント。
それは、子供が欲しいかほしくないかです。
仮に欲しい場合、女性に求める点は必然的に若い年齢を求めることになります。

周囲の反対

意外なのがバツイチ再婚しようとした人が反対されたケースが多いことだ。

楽天オーネットの調査では、48%が反対されたという結果が出ています。
反対理由は、やっぱり相手の素性。

誠実な相手や年収が高い男性であれば反対がないようです。
逆に女性は、資産狙いと思われるような姿勢ではない場合は大丈夫なようです。

反対される理由としては、出会いがネット経由などの軽いもの。
さらに、子持ちであることなどがあります。

生活力がない男性の場合は、ほとんど反対に遭うようです。
困ったこことに男性への反対はほとんどが経済的な理由。

女性への反対は、人柄や馴れ初めのようだ。

そういった意味では、周囲の反対に遭遇しないためには結婚相談所などの出会いがいいのかもしれない。

再婚考えるで考えるポイント


参考:平成21年度「離婚に関する統計」の概況:離婚の年次推移

今や離婚率が高いことで、結果として再婚する人も増えています。

そういったことを考えると、再婚をする時の姿勢です。

幸せになるポイント

相手選びがすべてです。

・ グレードで選ばない
・ 育った環境を知る
・ 金銭感覚と人生観に共感できるか

必ず選ぶ時に、相手のスペックのグレードで選びます。
しかし、それではいけません。

経済的に裕福でも、性格が合わないと相手とはうまくいかないです。

他に育った環境です。
最大の理由は、本人がよくても嫁姑問題など親族とは付き合いが生じます。
それを考えると、絶対に環境を知るべきです。

金銭感覚はとっても重要です。
浪費癖がある配偶者は、自分を破綻させる可能性もあります。
人生観も重要です。

添い遂げることを考えると、こういったことを確実にチェックする必要があります。

大切なこと

再婚を考える時に最も大事なこと。
それは、自分を優先しないようにするのです。

バツイチになれば分かりますが、離婚原因はほとんど自分の都合を優先したことです。

それを反面教師として・・・

1 相手の意見を聞く
2 相手の趣味に合わせる
3 相手とよく話し合う

当たり前なのですが、離婚をした時に自分の趣味を押し付けていませんか。
仮に、そういった相手に嫌気が差して別れたなら
そういったことに配慮できる相手と結婚することです。

こういったことは、普通のことなのですが・・・。
結構、自己中心的な男女が多いのが実情です。

上手くいった共通点

バツイチ子持ちでも成婚できる、上手に身の振り方を考えることとは。

1 こうあらねばと考えない

結婚とは、こうだと決めてはいけないです。
本当に人により、理想や価値観は違います。

それを尊重できるか、どうかを調べましょう。

2 ポジティブで明るく

やはり性格が暗いと魅力的ではありません。
ニコニコ楽しくしている男女が人気があることは理解ができると思います。

人生を一緒に楽しめそうだと思える相手だと思わせる必要があります。

3 安直な付き合い方をしない

やはり、肉体関係が生じるのが男女関係。
それを考えると、すぐにそうなることは避ける必要があります。

真剣に付き合うことを優先すべきです。

4 見た目を気にする

やはり、見た目を整えるべきです。
これが本当に気にするべきです。

服装、髪型を考えないといけません。

5 焦らない

焦って、すぐに決めないことです。
相手を見極めて、年齢ももちろんあるでしょうが・・・。

自分に合った相手が重要です。

30,40,50代バツイチの実情

年齢によりバツイチの重みが違います。
意外に、年齢が高いとそれが問題にならないことが多いようです。

出会いを含めて、しっかりと考えて考えて対策をしないといけません。

出会いの結果

再婚をした結果として、幸せになったという事例が多いです。

最大の理由は、やはり相手をしっかりと判断できたから。
恋愛のラブラブということより、結婚をしてちゃんとやっていけるか。
そんな視点で見ているのです。

さすがに一度目の理想と現実のギャップを知っているのですから。
失敗も少ないということでもあります。

他に子持ちであれば、子供好きの旦那との出会いもあります。
その流れを考えると、重要な要素が大きいと言っていいでしょう。

 - バツイチ