結婚相談所の女性レベルと特徴 婚活パーティとの大きな違いとは!?

   

婚活女子が多い理由と特徴

最近は、20代でも早めに手を打っておく。
そんな女性が増えています。

また、仕事優先の男性とは違い将来を考えて活動する。
これが女性の特徴でもあります。

女性 > 男性

年々増えている女性の登録者。

結婚相談所への登録をする女性が増えています。
焦りがあると言っていいでしょう。

男性で独身は増えているのですが、女性には妊娠できる生物的なリミットがあります。
男女で大きな違いと言っていいでしょう。

女性は本当にこういった危機感もあり、結婚をしたいと決意をしてお見合いをしているのです。
それをしっかりと考えて付き合うことが重要だと言っていでしょう。

家事手伝い・フリーターが多い理由

家事手伝いが多い。
これが登録女性の特徴です。

その最大の理由は、登録のハードルが女性は低いことにあります。
男性の場合、年収や勤務先、学歴を女性側が問題視します。

しかし、女性はそういったことを気にしている男性は少ない。
唯一チェックをしているのが、容姿や年齢でしょう。

よって、男性のフリーターというのは登録をしていることはほとんどありません。
そのことを考えると、男女間のギャップがあると言っていいでしょう。

若くて美人が多いのが相談所

女性の登録者は美女が多いと言われています。

理由としては……

1 理想が高すぎる
2 モテるが故に嫌な思いをした
3 職場が女性ばかり
4 学生時代にモテた

美人であるが故に、男に困ったことがない。
よって、当然たくさんの男性が寄ってきて付き合う。

しかし、それにより婚期を逃すことがあります。
特に、不倫相手となってしまい30代になってしまう女性もいるのです。

無責任な男性と付き合ってきて、結果として結婚をする相手がいないということがあります。
さらに、女性ばかりの職場でなかなか出会いがないということこもあります。

さらに、学生時代にモテてきたために長期恋愛をして結果別れたというケースもあります。

相談所にお金をかける意味とは

結婚相談所は入会費用が高いです。
出会い系サイトのように月数千円というものではありません。

ただ、それでも登録をする理由。
相手が、真剣に結婚前提で出会いを求めている。

それに限ります。
また、某結婚相談所は1年以内の成婚率が66%という所もあり結婚を早期にできるケースがあります。

メリット・デメリット

メリット

真剣な結婚に向けて、数年でできる

デメリット

費用がかかる

 

これだけではありませんが、他の出会い方との大きな違いです。
一般的に出会っても、結婚までいかないことは多いです。

ただ、相談所であれば男性は絶対に求めるものが違います。
遊ぶということもないので、真剣であれば絶対にオススメなのです。

20代女性はモテモテ

20代女性は圧倒的に人気があります。

男は30代で入会をして、年下の若い女性が大好きです。
それを考えたら、やっぱり重要だと言っていいでしょう。

年齢が若ければ、若いほど女性にとって有利です。
そこで、先程ご紹介をした家事手伝いという女性が意外に人気があります。

通常は、男性はそれなりの収入がある人がほとんど。
よって、それを考えると女性は有利と言っていいでしょう。

登録をしている男性の特徴

特徴は、年収、学歴、勤務先。
この3つが良ければ、有利です。

ただ、それ以外の要素を求める女性も多いです。
それは、年齢です。

年下男性との結婚を求める女性が増えているからです。
そのことを考えると、本当に重要なことだと言っていでしょう。

婚活のヒント

婚活をするヒントとしては、やはり身なりでしょう。
あとは、心の持ち方。
結局、相手に好印象を与えることが重要だと言っていいでしょう。

女性が求める男性像

女性が男性に求めるのが

・ 年収が高い
・ 安定した職業
・ 清潔感がある

特に一つ気になるのが30歳を超えてきて、腹が出てきていませんか?
メタボという表現になります。

オッサン姿は女性にはすごく嫌がられます。
そのポイントを考えても、ダイエットするなどの努力が必要です。

あと、話し方や自分の服装へも気をつかいましょう。
それによって、女性からは安っぽい男だと思われることが多くなります。

男が求める女性像を考える

男性が求める女性像とは……

・ 20代
・ 容姿が好み

これがほとんど。

しかし、年齢が上がってくると女性も図々しい面があります。
こういったことが気になり、我慢できない男性が多いようです。

 

しかし、よく考えてください。
30代の女性でもいいじゃないでしょうか。

子供が欲しいなら、問題なく産めます。
本当に気にしないといけないのは、ずっと一緒に住めるかどうか。
将来を考えて、見据えて対処しましょう。

 - 婚活