昔のお見合い、今のお見合いの成婚率の違い お見合いパーティーなどの決め手はなにか

      2017/10/09

成婚率とは

各結婚相談所によって、成婚率が違います。
しかし、これには少し仕組みを知る必要があります。

成婚とは、交際をはじめたことも入るのか。
それとも結婚をしたことで該当するのか。

・ 口約束
・ 婚前交渉
・ 宿泊旅行
・ 同性
・ 半年以上交際をしている

こういったことで成婚としているケースもあります。

そして、そもそも報告をしない人もいます。
最大の理由は、成婚料を取っているような相談所には報告をしないことがあります。

お金を払うということを嫌がり、結婚をしてもしていないという人もいます。
逆に成婚料がゼロという場合は、報告が多いのです。

よって、実質の成婚というのは実はイマイチ分からないということでもあります。

どのくらいなのか

相談所 成婚率
IBJ 53.0%
パートナーエージェント 28.6%
ツヴァイ 17.4%
楽天オーネット 11.8%

お見合いや結婚相談所はなぜ高いのか

IBJやパートナーエージェントはどちらかと言えば、成婚という基準が低い。
逆にツヴァイやオーネットは実質結婚が決まった時点のことを成婚としています。

つまり、楽天オーネットやツヴァイはすごく高いという理由はここにあります。
結婚できる人は1割ということになります。

低いと思う人もいるでしょうが、逆に結婚するまでずっとサポートしてくれるんです。
これがもっとも重要であると言っていいでしょう。

向き不向きを自己判断

自分にとって、お見合いが向いているのか。
それをしっかりと考えないといけない。

もし、あまり形式として向いていないならお見合いではなく
パーティー、合コンなどもあります。

大手結婚相談所か、仲人型相談所か

大手結婚相談所と、仲人型というものが存在をします。
大手はパーティーや紹介書などを会員に紹介します。

仲人型の最大に良いポイントは、きめ細かなケアです。
同時に成婚したら成婚料が発生をします。
よって、ビジネスとして成功させないといけないのです。

同時に、高いハードルを下げるように推奨をしてきます。
逆に大手はデータマッチングです。

データで調べて、相手に紹介をするだけとも言えます。

比較してみる

パーティーがいいのか、1対1がいいのか。
お見合いと言っても色々とあります。

そこから考えて、一度参加をしてみて比較してみてください。
しっかりと認識をしないといけないのは、そういった事実です。

 

成婚率が高い人の特徴

成婚率が高い人は、やはりおおらかです。
そして、自分をよく知っている。

そうすることで相手に対して、すごくきめ細かになります。

高い人の理由

・ 相手に話をよく聞く
・ 笑顔で相手に好印象
・ 好きな人じゃなくても、しっかりと対応する

なぜか、自分の好みだけにしか興味がないという人が多いです。
それほど、言えるなら良いですね。

しかし、そんな誰に対してもパーフェクトな魅力を持っている人は少ないのが現状です。

 

 - 婚活パーティー