婚活で自分をどう考えて、変える方法があるかを考えてみる お見合い遅刻、沈黙、釣り合い、低身長など悩みを考える



 

多面的に自分を分析をしている

 あなたが女性だとします。
自分はこうだと思っているという主張があるでしょう。
かわいい、綺麗、割りとイケてるという感じ。

そうではなく、他人の目で見てみましょう。

・相手の男性視点
・第三者として
・相手の親の視点

こういった自分を分析をしてみましょう。
多面的分析により、自分の弱みや強みを考えてみることです。




 

学歴、年収、容姿など思い込みを捨てよう

女性は特に条件を重視します。
男性は容姿や憧れの女性像を重視します。

どっちもよくわかります。
わかりますが・・・。

それで幸せになれるという思い込みではないでしょうか。

女性の条件を考えると、年収が高くても幸せな結婚ができるかどうかだろうと思います。
男性の条件を考えると、容姿はそれほど重要だろうか。
料理の味付けや趣味の方が重要なのではないだろうか。

こういったことをしっかりと考えて、思い込みではなく自分のことを考えてみましょう。

 

仮説により、自分を考える

自分の何がいけないのか。
それをしっかりと考える。

なぜ、自分はうまくいかないのか。
それを考えて、修正をしてみる。
他人から見て、自分はこう見えているのではないか。

ちょっとずつ微調整をしていくのです。

そのことがとっても重要な要素なのです。

 

第三者視点で、日々分析をする

仮に、あなたが神様なら。
仮に、あなたが男なら。
仮に、あなたが女なら。
仮に、あなたが60歳なら。

こうやって自分を考えてみましょう。
例えば、30歳の女性として60歳になったと考えます。

その時に子供がいて、幸せになっていると想像をします。
そんな60の自分から、30の自分に高いハードルを設定をしている人になんというでしょうか。

まず、色々な第三者視点で考えてみましょう。

 

他人の反対意見を聞き入れる

 反対意見にムカッと来ることがないでしょうか。
ズバリ、それはありますよね?

でも、他人の意見を聞くことはとっても重要です。
他人の意見は、聞いて自分を変えないといけません。

そのことをしっかりと自分で考えて噛み締めながら、変化をしましょう。

 

行動する時にゴールは何かを考える

まず、あなたのゴールはなんでしょうか?
結婚です。

ということは、相手に気に入られないといけません。
自分の条件に合致した相手を見つけることでもあるでしょう。

しかし、相手があなたを気に入らないと結婚はできません。
婚活の目的を全く誤解をしている人が多いもの事実です。

参考
本質をつかむ思考法



 


コメントは利用できません。

関連記事


ランキング


おすすめ記事