婚活で出会った彼氏とプロポーズされない人の特徴 お見合いのお礼メールや断り方も誠心誠意対応する

      2016/07/30



 

彼氏の好みを受け入れてみよう

 自分の好みだけを主張する。
逆に、相手の好みを否定する。

特に食べ物や生活習慣です。
男性はそういった女性の態度に将来はないなと思います。

自分のすべてを隠すのもダメですが、出しすぎるのも同じです。




 

言う必要のない子ども嫌い、子ども好きアピール

結婚をして、まず子ども嫌いを言うのはご法度。
特に、男性の場合はここを重視することもあります。

子供好きというのも、重いことがあります。
どうしても、男性の反応を知りたいなら「あの子、かわいいね」と赤ん坊を見るといいと思います。
その時の反応を見ながら、男性の心中を探るべきです。

 

ミネラルウォーターしか飲まない

こんな女いるよな~という中で一番多いのがミネラルウォーター主義。
味噌汁やコーヒーも全部、ミネラルウォーターでしか飲まない。

健康に悪いとか、味が悪いとか。
セレブだと思ってしまいます。

男性でもそういった人はいますが、少数派です。
そういったところに金をかける女には付いていけないと思ってしまいます。

 

自分の部屋でジャージやダサい格好をしている

 女性に欲情しない最大の理由。
それは、女性が身なりに気をつけないため。

服装などに気を遣うのは他人の前よりも彼氏の前で。

ジャージ姿もいいですが、最低限度の服装をしましょう。

 

連絡が取れないとやたらメールや電話を入れる

留守電やメール、LINEに連絡をたくさん入れられると。
重いと思われます。

これは男性も女性も同じ。

こういったことをしっかりと考えてコミュニケーションを取りましょう。

 

自分の愚痴は聞かせるが、相手の愚痴は聞かない

職場や友人の愚痴を言う。
逆に、相手の愚痴は聞かない。

一方通行の流れ、これでコミュニケーションは取れません。
本当に大問題なのは女性の場合、こういったことが多い。

男性も多いとは思いますが、男性は自慢話です。

 

「だから言ったじゃない」と彼に言ったことがある

何か問題が起きた。
そして、それを咎めた。
そんなことがないでしょうか。

言ったじゃないというのは禁句です。
もちろん、何度も言ったのに咎めるのはありかもしれない。

そういったタイミングというか、間合いを考えること。

 

口論になったら、何がなんでも論破しようとする

男性と言い争う。
女性はそれをありとあらゆることで論破しようとする。

論理的に、感情的にも論破する。
しかし、それで得られるものはありません。

夫婦として我慢をするということはあるでしょう。
まず、相手にどうやったら分からせるのか。

その方法を考えた方がいいでしょう。

参考
私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな



 

 - 出会い, 婚活, 悩み