婚活で出会った彼氏とプロポーズされない人の特徴 お見合いが辛い、ときめきがない人の対策法

   



 

独身の楽しさがなくなるなら、結婚しない方がマシ

 独身の方がいいんだと思っていた。
しかし、最近婚活をしている。

それは年齢が上がってきて、一つは老後が心配。
他に寂しくなってきた。

こういった自己中心的な考え方は本当に男性からすると嫌なものです。
女性もこのような男性は嫌でしょう。




 

40歳超えて、自分はまだ本気を出していないだけだと思っている

年齢が40を超えてくると、男女共に不利な条件での婚活となります。
そりゃ、そうです。

女性は年齢的に出産が困難な年齢になっています。
男性は、仮に出産してくれる女性との結婚を考えているなら10歳以上下となります。

それを認識をしないと、異性に高いハードルを作って婚活をしていることがあります。

バツイチなら、まだしも。
初婚なら男女にとっては問題が大きいのです。

 

結婚をしたいだけで、その相手と結婚をしたいという感じではない

よく条件を女性ならこんな話を聞きます。
年収700万、大卒以上などなど。

しかし、ちょっと待って欲しいなと思います。
それは相手の条件と結婚をするという意味でしょうか。

まず、相手に求めるものが好きな相手ではなく。
好きな条件です。

これでは、なかなか結婚できないのではないでしょうか。

 

 今の生活レベルを落としたくない

生活レベルを落としたくないという女性に男性はとっつきにくい。
なぜなら、どんなレベルなのか分かりません。

しかも、女性が結婚をして主婦になるというのであれば間違いなく男性は困ってしまいます。
仮に男女共に年収500万だとして、二人で1000万。

では、男性の所得が増えるでしょうか。
増えるわけはありません。

 

レストランで必ず食べ物や環境にケチをつける

このレストランはまずい。
店員の態度が悪い。

こういったことを言う人って周囲はうんざりしています。
心を開いているとも取れますが、これを一生やられると思うと嫌だと思いませんか?

女性は特にこういったことにうるさいので、しっかりと考えるべきです。

 

女友達の結婚生活や式の話をする

男性にとって、もっともプレッシャーなのが結婚話。
女性は自然に話をしているのでしょう。

しかし、そんなことを言われている男性は圧力を感じます。

これをやっている女性は多い。
それで、引き出物やご祝儀。
さらに式場の費用など、どう考えても問題があるはずです。

話題についても、しっかりと考えましょう。

参考
私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな



 

 - 40代婚活, 出会い, 婚活, 悩み