婚活パーティーでのマナー!不快にさせない態度と姿勢 お見合いパーティーで挨拶は一目惚れを生む!緊張した相手の決め手になる

   



 

マナーをどう考えたらいいのか

しゃべることが、すべてではない。
黙っていても、目や表情でアピールをすることでも十分効果がある。

「お先に失礼をします」と言う。
何か食べたり、飲んだりするなどするときには必ず言う。
他には、どこかに行くときなどもそうです。

婚活パーティーで次の人に変わる瞬間もどうようです。
「ありがとうございました」と一礼することがとってもいいでしょう。

 




 

しゃべりとっても優しく

ゆっくり、敬語で話す。
これが当初は重要です。

早口の人は少し焦っているように見えて、損をしています。
早くしゃべることは印象が悪くなる傾向があります。

実際に、俳優の谷原章介さんはゆっくりと話しをします。
どこか優しく、かっこよく思えます。

こういったことを考えて少し話をしましょう。

 

 クッション言葉を使おう

ズバリと聞きにくい人はクッション言葉を使いましょう。
特に相手にとって失礼なことになることは、しっかりとクッションを挟むことが重要です。

年収、勤務先、年齢など相手に聞くのは、失礼なことがあります。

・失礼ですが・・・
・申し訳ございませんが・・・
・残念ですが・・・
・お手数をおかけしますが・・・
・ご足労をいただき申し訳ございませんが・・・
・あいにく・・・

こういった言葉を挟んで、相手が不快になる気持ちをできるだけ緩和しましょう

 

相手を褒める技術

やはり、ほめられると誰しも嬉しいものです。

では、褒める時に気をつけることを考えてみましょう。

1 無理にほめない。見たままの事実を伝える
2 第三者が褒めていたことを伝える
3 陰で褒める

特に第三者があなたのことを褒めていたというのは気持ちが良いものです。
逆に悪口を言っていたというのは、絶対に許せないでしょう。

他に誰かに「Aさんはすごい良い人」と褒めると、そのことがAさんに他の人を経由して伝わるものです。
ですから、絶対に悪口は陰で言ってはいけません。

 

失礼な行為

腕時計をチラチラ見る。
資料などをペラペラ見る
目を伏せて話す
目線を反らす
しかしなどの逆説接続詞を言う

こういった行為は相手から嫌がられます。
時に時計をやたらと見る人は、時間が気になっているということになります。

これは失礼です。

 

必ず会話には相づちを打とう

オウム返し
へ~という感じで驚く

こういったことは重要です。
相手も自分の話を聞いてくれない人には好意を持ちません。

特に相手の得意分野に話をふって、おもしろそうにすることです。

参考
好感度200%のマナー術



 

 - 婚活, 婚活パーティー, 悩み