-婚活や恋愛、出会いについて人生充実マガジン-

恋バナ

次に会いたいと婚活パーティや合コン、お見合いパーティで相手に思わせるには 絶望感を感じる前にぞっこんにさせる努力

2018/06/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -



 

4つの行動させるメリットとは何か

・ コストに上回る時
・ 社会的話題を追い風にする
・ 受け取る側の心理的環境に配慮する
・ 的確な影響手段、行動戦略を練る

この4つだというものです。
ビジネス書を前提としているので、若干婚活向けにアレンジをしています。

少しむずかしい言葉ですが、一つ一つ噛み砕いて説明をしたいと思います。



 

相手の利害を考える

メリット・デメリットです。
相手の条件が医師、弁護士との結婚を望んでいるようななら無理です。

このコストというのはあなたの時間です。
女性も同様。

相手があなたのために時間を割くメリットとはないでしょうか?
男性の場合は、実質的なお金と時間。

仕事がある以上、限られた時間で行動をしないといけません。
それに大体は男性が金銭的な負担をしないといけません。

つまり、二回目以降も会いたいと思わせる何かがないと男性は会うことはしません。
特に、お金を前面に出して相手を攻略をしようとしている女性は男性からすると嫌なものです。

男性の場合は、女性が望む結婚が何かです。
誰でもいいわけではないでしょうが、ある程度の妥協点があるような自分が条件を考えるべきです。

社会的話題とは

婚活がこれほど一般的な言葉になったのはマスコミの力です。
マスコミが発信しはじめて、一気に広がりました。

恋活も、妊活のはじめは全部婚活からの波状です。

よって、あなたはニュースを見ているでしょうか。
男女共に今世間がどのように流行をしているのか。

それに誰が、どのように反応をしているかを知る必要があります。

受け取る側の心理的環境に配慮する

これは相手の心理状態です。
イライラしている相手に何を言っても無駄です。

逆に、婚活に焦っている男女もよくありません。
まず、余裕があるような心理状態にすること。

なかなか難しいですが、一つは食事をしてみる。
あと、映画を観てみるなどがあります。

相手が心が落ち着くような環境を作ってあげることも大前提です。
婚活パーティのような大人数がワイワイやっている場では、実はこれはなかなかセットアップできません。

的確な影響手段、行動戦略を練る

なんと言っても、これは自分が相手をコントロールすることはできないということです。

自分の思いや考えを押し付けることはNGです。
それに誰でも拒否反応を示します。

しかし、実はたった一つだけ相手が心から許せるという要素があります。
好きな人に対してはOKということです。

よく、好きな男性に女性が触られると好意的に捉えるが。
逆に、嫌な男性からのタッチはセクハラだと思うというものです。

これ一つ取っても、わかると思いますが結局好感を持たれる努力が必要なのです。

参考
人を動かす心理学



 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 恋バナ , 2016 All Rights Reserved.