-婚活や恋愛、出会いについて人生充実マガジン-

恋バナ

大人の男、大人の女になる!婚活やお見合いで一つ上に見えるようになる モテる男女のラブラブ恋愛できる人の差

2018/06/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -



 

「でも」口癖は、子供っぽい!大人への姿勢

なんでも、でもという口癖は否定であること。
相手の意見に同調をしていないこと。

そして、自分の意見だけを主張すること。

この3つからアウトです。
まず、相手の意見や会話を受け入れる。
そして、反論するというのは有りです。

特に女性がやたら自己主張すると、間違いなく嫌な女に見えます。
テレビでやたら自己主張をしている女性コメンテーターというのはウケが良くない。

言い方が高圧的な人が多いという印象ですが、あまりに男性から人気がないことは大体みなさん分かっていると思います。



 

話題は、とにかく質より量で

男女共に合コンやお見合い、婚活パーティなどで話題がないという人は多いです。
相手と話をして、分からなかった時には話題を調べておくべきです。

女性なら車、電車、飛行機やアニメが好きな男性が多いならある程度情報を集めておきましょう。
他に男性なら女性が好きなファッション、映画、料理、ブランド名程度は知っておいて損はありません。

こういった共通点を作っておくことが必要です。
それができているか、いないか。

これで盛り上がり方が違うのです。

大人とは相手が動く理由を作ってあげること

まず、婚活の目的は何でしょうか?

「相手と意思疎通をして、結婚するために付き合うキッカケ」ではないでしょうか?

そして、その目的を叶えるための方法とは何か。
相手にメリットがあるかどうかです。

相手からあなたに興味を持つことは、何かメリットを感じた時。

年収、学歴、容姿、勤務先、性格・・・。
色々とあるでしょうが。

最初のメリットとは、「自分と話が合いそう」と思わせることです。
合コンでも、婚活でも相手と合わせることが重要です。

大人の男女というのは、目的を外さないことです。
逆に言えば、最初から「でも・・・」「しかし・・・」と相手に不快な思いをさせる必要はありません。
仲良くなり、徐々にそれを明らかにすることがもっとも重要なはずです。

この相手のメリットを考える時に、どのような視点が必要でしょうか

「相手の立場に立つ!」です。

相手目線で、自分を冷静に見ること。
そして、相手から見て不快ではない存在である必要があります。

大体、当初は人は不快か、快かで判断をします。
生理的に嫌な人を嫌悪することがないでしょうか。

それは、理屈ではないはずです。
仮に当初はそうでもなくても、否定されて嫌になることはしばしばあります。

政治的、宗教的、経済的な話はできるだけ避けることは必須です。
それ以上に、重要なのが自分の感情を表に出さないこと。

できるだけ冷静に対応することです。

参考
人を動かす心理学



 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 恋バナ , 2016 All Rights Reserved.