ユーモアとは何か?相手を癒やし、喜ばせる話方とは お見合いは口下手で断られた人必見

   



 

婚活で重要な「楽しい、おもしろい、嬉しい」

婚活で問題は相手との距離を縮めるための方法です。
それが会話です。

そして、ユーモアがもっとも効果的。
真面目な政治経済の話をしても、楽しいとは思えません。

ユーモアとはその場がほんわかすること。
ニッコリする程度の話ができるかどうか。

大将こと、萩本欽一氏によるとユーモアとは。
相手を救う、相手を許すこと。

こう言っています。

つまり、何かイライラすること。
これに対して、許すこと。

気まずい沈黙。
これに救いの手を出すこと。

これも、ユーモアなんです。
男女共にこれができるかどうか。

とっても重要なことだと思いませんか。

 




 

どんな言葉に言い換えるか

 何か言わないといけない。
それで、相手を傷つけることもある。

それをどう表現をするか。
これでユーモアセンスが決まります。

どんな人に向けても、どんなことを言ってもいいわけではありません。
優しさとも言えます。

言わないという選択肢もあるでしょう。
しかし、やっぱり重要なのがそうではなく良いフレーズで言うこと。

例えば、年収を聞くとして・・・。
「年収いくらですか?」というのは思いやりがない質問です。

そうやって、言い方を考えることです。
優しさというのは「失礼ですが・・・」とつけることではないのです。

それらしいフレーズを頭で考えること。
企業名を聞き、それを自分で調べてみるなどでしょう。

 

嫌な人、苦手な人に挑んでみる

嫌な人や嫌なことってあります。
欽ちゃんによると、嫌なところに運があるという。

嫌だなと思ってやったら、逆に良いことがある。
苦手な人や嫌な人というのは、かなり長く関係がある場合はなにか理由があるでしょう。

しかし、一見して生理的に嫌だと決めつけることは止めた方がいいです。

もしかすると良い友人になるかもしれません。
良きパートナーになるかもしれません。

確かに印象やファーストインプレッションがいいならいいでしょう。
困ったことに、これが悪いとダメとなる事例があります。

男女共にこのような経験は山ほどあるでしょう。
婚活パーティでは最初にダメならそこで終わり。

出会いたいと思っているのに、今までの自分の価値観だけでいいのでしょうか。
幅を広げるための努力が必要ではないでしょうか。

本当は話をしてみると、実はウマが合うかもしれません。
好きになるかもしれません。

こういった心の変化を自分に起こしましょう。
努力をしましょう!嫌ところに運があるかもしれません。

最初は嫌だと思った人に好きな人がいるかもしれません。
良縁を得る努力をしましょう。

 

 

参考



 

 - プロフィール, 婚活, 悩み