-婚活や恋愛、出会いについて人生充実マガジン-

恋バナ

頭では理解できているが、どうしてもうまくできない 楽しい婚活&お見合い、恥ずかしい思いを消そう

2018/06/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -



 

相手に対して、少し失礼な態度が出ていませんか?

良い条件の人には尻尾があれば、犬がホイホイ振るような状態に。
逆の場合は、全くやる気が無い状態に。

こういった態度が出ていないでしょうか。
「あー、私やっているかもしれない」と思っているなら改善すべきです。

それは周囲はみんな気づいていると言っていいでしょう。
嫌なヤツになっている可能性すらあります。

感情は思考が担うもの。
思考、つまり考え方を変える必要があります。



 

自分の怒りを抑えることから

どうやっても、自分!自分!とエゴを出す人は怒りの感情が強いことがあります。
認められない。
他人より優位に立ちたいが、立てないなど。

1 支配
2 主導権争い
3 権利擁護
4 正義感の発揮

アドラーの心理学ではこれらが二次的感情として、怒りの原因としています。
例えば、支配についてです。

支配とは、自分がこの場を支配をしたい。
よって、条件も含めて自らの思っているものと合致している人と出会いたい!

これはエゴですが、同時にこういった人を自分の支配下に置こうとしている。
しかし、その人に対して復数の人がアプローチをしている。

すると、その人を取り合うわけです。
支配したいわけです。

さらに、主導権争いにもなります。
「なに、この女!自分が先に話をしていたのに割り込んできて!」となります。

これは男性視点で言えば、「この子は、僕のものだ!」とガツガツする。
支配しようとする。

これらも阻害されると、怒りになります。

この男女共にイライラしている状況を他人が見ると「怖い!」となります。

どうやって克服するのか

1 尊敬・信頼に基づく人間関係をベースとする
2 パーソナリティの違いを認める
3 短所は長所に置き換える
4 時に直面化する

尊敬を持って他人と接する。
相手と自分の違いを認める。
「私は無口だ!」を「私は慎重性格だ!おしとやかな人だ!」と良いように解釈する。
直面化、つまり正面から向き合うこと。

人は絶対に自分とは違う。
この前提に立ち、価値観を押し付けないこと。

周囲がこうあるべきだと思わないこと。
これが解決方法になります。

参考



 

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. premium Cars より:

    Used Cars

    premium Cars

Copyright© 恋バナ , 2016 All Rights Reserved.