自己否定から入る婚活と自己肯定から入る婚活 アラフォーとアラサー婚活の「うまくいかない理由」

   



 

お見合いをして、自分の理想と現実のギャップ

 アドラー心理学では、困難を克服する活力を奪う勇気くじき

1 高すぎるハードル設定
2 達成できていない部分の指摘
3 人格否定

こういった時に過去などの原因を探っても解決にはならない。
その最大の理由は、基本的な誤りがあります。




 

基本的な誤りとは

 決めつけ
誇張
見落とし
過度の一般化
誤った価値観

簡単にいえば、自分フィルターがかかっていませんか。
決めつけとしては、「絶対に年収1000万ないと幸せになれない」というもの。

確かに経済的な理由は重要です。
しかし、だからと言って自分に必要以上のハードルを課している結婚ができません。
お見合いや婚活の目的は、あくまでも自分にとって生涯のパートナーとして過ごせる人です。

年収が一億あっても不幸せでは意味がないと言えないでしょうか。

 

基本的な誤りを解決する方法

証拠探し
その瞬間を捕らえる
建設的な発想

このような3つの方法があります。
仮に、先ほどの例で言えば1000万の年収の人は世の中にどの程度いるのか。

そういう人はどういった条件の女性が好きか。
自分はそれらの条件に合致しているか。

あとは、建設的な考え方を持つことです。
DVや不幸せな愛のない結婚と幸せな結婚。
どちらがいいでしょうか。

おそらく後者でしょう。
では、この幸せとは何でしょうか。

毎週末、映画に行く、食事をする。
こういったことがいいと思っているなら、それは年収1000万じゃないとダメなのでしょうか。

こういった理論的な思考を構築をしていきましょう。

 

参考



 

 - 30代婚活, 40代婚活, 婚活