-婚活や恋愛、出会いについて人生充実マガジン-

恋バナ

アドラーの心理学で、良縁な婚活や出会いを探す!お見合い成婚率を上げる成婚の秘訣

2018/06/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -



 

アドラー心理学とは

アルフレッド・アドラーは、心理学の3大巨頭の一人。
ユングフロイトアドラーと呼ばれる中のアドラーです。

この彼が提唱をしている心理学
・ 自分が主役 自己決定性
・ 人間の行動には目的がある 目的論
・ 人は心も体もたったひとつ 全体論
・ 誰もが自分だけのメガネで見ている 認知論
・ すべての行動には相手役がいる 対人関係論

こういった論理からできています。
婚活もある種の、心理学です。

自分だけの世界で、自分が思い通りになる、自分の好みの相手。
これを探していては、あなたの思いだけです。

相手だって、当然ながら好みや思いがあります。
これをうまく認識をして、活用することが非常に重要だと言えます。



 

あなたをつくったのもあなた。あなたを変えるのもあなた

タイトルは至言だと思います。
逆に自分でしか自分を変えることはできない。

アドラー心理学では判断基準があります。
それは「自分と他者にとって建設的な方向か、それとも非建設的か」。

簡単に言ってしまえば、社会が悪い、他人が悪いということではなく。
自分にって、建設的な考え方ができているか。
問題解決ができているのか。

例えば、女性で相手に求める条件があるとします。
年収1000万以上、身長は175センチ、大手企業又は公務員。
女性は年齢が33歳。
相手の男性は35,6歳を希望。

こういった条件を提示したとします。
さて、この時に男性の需要はどうでしょうか。
29歳くらいの女性ならこの条件の男性と結婚をしたいと思っているします。

この29歳のライバルの女性。
容姿がよく、若い。

この女性より自分が魅力的かどうかです。
若い女性がいいというより、男性の条件もあるでしょう。
話しやすい、趣味が合うなど。

こういった要素を考えておくことが非常に重要ではないでしょうか。

対人関係を考える

対人関係で相手を理解をしようとする場合、対人関係のパターンを考慮すること。
大体、こういう人には対処するパターンが存在をするというもの。

具体的に言えば、マナーです。
一般的にこうしたら相手が昔怒ってきたなど、気を遣って配慮することです。

婚活は異性とは言え、人と人。

この相性だといえます。
もちろん、自分なりの条件があるでしょう。

それは相手も同じ。
相手の条件に自分が合致している。

この環境から現実的に探すのがもっとも効率が良いと言えるのではないでしょうか。

参考



 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 恋バナ , 2016 All Rights Reserved.