-婚活や恋愛、出会いについて人生充実マガジン-

恋バナ

婚活疲れで傷つきやすい人の原因と解決法 苦しい・苦痛ではなく楽しむ人の違い

2018/06/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -



 

ひきこもる人がなぜ、ひきこもるのか

婚活もある意味、ずっと結婚をしない人は自分の殻にひきこもっていると言えます。
自分の体のイメージというものがあり、身体像と言う。

この境界、つまり判別をするということが身体像境界という。

心理的に言えば、自分とはこうだという定義ができていることになります。
これがある人は傷つきにくいのです。

逆に曖昧で自分というものについて明確に定義をしていない人は他人からの中傷を恐れます。
婚活でも同じく、自分を定義する必要があります。



 

自分と定義して、なりきる

自分とはどんな人間かを考える。
そして、こんなものだと定義できたとしましょう。

次に、人間とは制服を着ると気持ちが変わるものだ。
なりきることができるのだ。

自分をどう見せたいのか。
どうしたら、自分が見られたい姿に見せられるのか。

身の回りのことを考えて、しっかりと自分を装いましょう。

期待して相手に臨もう

ピグマリオン効果というものがあります。

ギリシャ神話に出てくるキプロスの王様。
自ら彫った女神像を溺愛をして、結果としての像に神は命を与えたというものだ。

期待することで、相手は期待に答えようとする。
子育てでも同じで、期待をして伸ばす。

褒めるも、批判するも同じ。
他人への期待は、大切だということです。

婚活でも、条件や外見だけ相手に接することだけではダメです。
相手に期待をして、接することで相手が応えようとしようとしていることを考える必要がある。

 

えこひいきが生まれる外見の力

悲しいかな、外見が魅力的な人はえこひいきされる。
では、どうしたらいいのか。

清潔感が重要です。

顔が良い、体が良いというのは先天的なもの。
もちろん、美容整形などという手段もあります。

しかし、もっとも重要なのが清潔感。

散髪は月一回行っていますか?
肌は綺麗ですか?
服装はそこそこ綺麗なものを着ていますか?

こういった一つ一つをきっちりと確認を自分でしましょう。

これしかありません。

 

まず何度も会う努力をしよう

会った回数が多ければ、相手に対して好意を持つ。
つまり、1回より2回。
10回より20回。

このように回数を重ねるのです。
オフィス・ラブが多いのは、この理由からです。

よって、婚活と言ってもまずいきなり結婚をというよりも知り合いになるというスタンスがベターです。

男性も女性も同じです。

 

人は自分を好いてくれる人を好きになる

ほめられると誰でも好きになる。
嫌いな人に褒められても好きになります。

よって、男女共に自分が良いなと思った人がいるなら好きですと言うようにしましょう。
それが、相手の好意を引き出すことになります。

婚活疲れをする人の特徴は他人を褒めないことです。
良いなと思うなら、相手をしっかりと褒めましょう。

参考



 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 恋バナ , 2016 All Rights Reserved.