婚活パーティーは「ろくな男がいない」「ろくな女がいない」本当か

   



 

なかなか婚活がうまくいかない

 

婚活パーティーというのは、売れ残りの集まりだ。
こんな風に思っている人がいます。

それはそれで事実なのですが、そんなことはありません。

それについて質問として「どの目線でそんな発言をしていますか?」です。

 

こんなことを言っている人は、そもそも少し考え方を見直すことをおすすめします。

まず、自分がそう思っている限り相手もそう思ってしまいます。

この部分をしっかりと考えて対策しないと、相手にもそれが伝わります。

 




 

婚活パーティでの心得

 

一番の心得は、やっぱり相手を尊重する気持ちです。

モテるという人はどんな人にも優しく、どんな人も嫌な顔せずに付き合っています。

パーティで自分のタイプではない人に接触をして、ひどい態度をしていることを誰もが見ています。

 

こんな事例があります。

すごく感じがいいなと思う人がいます。

しかし、自分のタイプではない人に異常に嫌悪感を感じさせている女性。

すごく嫌な女性だと思いました。

 

それはそうです。

だって、性格悪い女性を好きになる要素はないです。

こういったことを無意識に表現をしている人は多いです。

大問題だと思います。

 

婚活とは人と人のつなぎあい

 

婚活ではあなたの行動は他の人も見ています。

つまり、今目の前にいる人への態度や行動が自分のタイプの人も無意識に見ているものです。

そういったことをしっかりと意識をし、そのことに対して具体的に自分で対応をしてください。

 

 

ウェイターにひどい態度を取っている男性を好きになるでしょうか。
ならないでしょう。

 

 

人により態度を変える上司を好きになるでしょうか。
ならないでしょう。

 

 

こういったことがしっかりとできる人が一番重要なのです。

気持ちは顔に出てきます。
いい人がいない、そう思っているなら他の人もそう思っています。

そうなった時に、自分に何も残らないでしょう。

まず、婚活以前に自分の社交性を考えてしっかりと対応をしましょう。

 



 

 - 婚活パーティー