婚活パーティで三十路や四十路であれば、本気で好きになれなくてもいいのか

   



 

 

婚活パーティの功罪

本気ですきになれない。

これは誰しもある話ではないだろうか。

その最大の理由としては、恋愛を目的にしていないためです。

 

好きではない相手と結婚をしたいとは思わないでしょう。
これは相手も同じです。

 

しかし、もうアラフォーとなれば当然ながら結婚に焦っていると思います。
婚活パーティで結婚というのは実にむずかしいのです。

それでも結婚をしたいと思っているなら、相手に対する妥協も必要です。
これが年収がいくら、外見がどうのということで相手を見ています。

これは男女共にそうなのでしょう。

では、どのようにすれば好きになるのでしょうか?

 




 

婚活捜査官になっていませんか

最近の婚活パーティは実に変なことになっています。

女性は男性の年収、会社、学歴などを気にします。
特に会社を気にしていますね。

公務員や一部上場企業なら大人気です。
外見は見ればわかるので、よほど良い人以外はほとんど一般的。

 

逆に男性は女性の外見を重視をしています。
あとは、年齢や既婚歴でしょう。

 

どっちも同じく、質問ばかりしています。
それも人格や性格ではなく、相手の社会的なステータスばかり。

 

これはやられた人は分かりますが、イラッとします。
結局、年収や企業名だけ聞きたいのかと。

 

 

よくあるのがネームに職業を書くのですが、そこで経理などと書いたら。
どんな会社かということをやたら聞いてきます。

それで好きになれるでしょうか。

 

焦るのはわかるが友達探しから

 

焦っても何もいいことはありません。
最初にまずやって欲しいのが友達探しだと思ってフランクに接しましょう。

私は男性なので女性なら笑顔で焦っていない女性が好印象でした。

 

男性なら、相手の趣味に興味を持ちましょう。
女性に料理や食事の話は良いと思います。

 

ケーキを一緒に食べましょうという感じでしょうか。
ガツガツしている印象は男女共にダメです。

 

わかっているのはずなのに、なぜかそれをずっとやる人がいます。
相手の気持ちを思いやるような質問にまでとどめましょう。

 



 

 - 30代婚活, 40代婚活