40代中盤の婚活は婚活スペックはどう書くべきか!?夜勤や介護職など職業欄はどう埋めるべきか

   



 

婚活パーティでひっかるのが職業

職業を気にする人も多いと思います。
やはり、男ならスペックについて気になります。

特に職業については気になっている人が多いようです。

 

先日、友人から相談を受けました。
職業は介護職で夜勤というのがいけないのだろうか。

確かによく聞かれるようです。
介護の仕事が悪いわけではないのですが、所得が安いというイメージが強く夜勤というのもマイナスのようです。

実際にはこれは福祉法人によって収入は全く違ってきます。
他には夜勤をすれば、少し給料が良いというのもポイント。

 

女性はどうしても相手の男性のステータスにこだわりが多いです。
特に40代中盤となると、かなり厳しいものです。

そこで、その紹介の方法を考えてみたいと思います。

 




 

優しい自分を描く

介護は仕事で、食べるためにやっていますというのはNGです。

社会の役に立ちたいと思い、仕事をやっていると言わなければなりません。
必ず「どんな仕事をされていますか?」
図々しい女性なら「年収はどの程度でしょうか」と聞いてきます。

 

どんな仕事ですかという答えに、介護ですだけではなく。
「あ!なんか忙しいイメージだと思いますが・・・。介護で社会に貢献したいと思って転職(就職)をした」

このように言う必要があります。
何も目的がなく、夢もない男性では所得だけが高いことが重要になります。

 

しかし、そんなことを考えてはいけません。
それ以外のアピールポイントを自分で考えていかないといけないのです。

それができるか、できないかで女性からの評価は変わります。

 

所得だけを気にする女性は縁がなかったと思おう

女性のにしても、男性にとっても結局は相性です。
女性があまりに性格が悪いと、全く興味が持てないです。

 

20歳や21歳の女の子なら、それも大目に見れます。
しかし、30後半や40を超えて独身である女性が価値観がお金だけにしか置いていないなら問題があります。

 

お金を持ってくる自動販売機ではないです。
男性だって、当然色々な環境で生きていかないといけないです。

それを考えると、縁がなかった女性とのことを考えないようにしましょう。
確かに好みというのが男女共にあります。

 

でも、結婚するというのはそれ以上に生活を一緒にしないといけません。
そのことを考えて対応しないといけないのです。

 



 

 - 40代婚活, 婚活