婚活で売れ残る人の特徴とは!?勘違い男性と女性の集まりお見合いパーティー

婚活で売れ残らないための心得

昔は行けず後家という言葉がありました。
年齢が上がっても、嫁に行けない女性のこと。

これはもう死語で30代、40代の独身女性が多い。
特に、結婚できないような女性の特徴としてやたらと態度がデカイことや条件が高いことがあります。

そういったことをしっかりと男女分けてお話をしたいと思います。

 

年収や勤務先などの条件だけ焦点を合わせている

まず、エリートサラリーマンは結婚相手に困っていません。
これは大前提です。

つまり、男性は条件が良ければよいほど優位なのは事実。
その優位な男性を落とせるだけの女子力があるのかという問題です。

条件だけが高い。
そして、自分はイマイチだということでは売れ残る可能性が高いことはわかると思います。

婚活パーティーやお見合いパーティーとされる集まりで一番気になるのがそれです。

仮に年収1000万超えているエリートサラリーマンがいるとします。
年齢が34歳くらい。

そうなると、この男性が望むのはおそらく女性は20代。
できれば、綺麗でかわいい女性。

あとは家庭的な女性。
これではないでしょうか。

当てはまりますか。

自分を望んでくれる相手をまず見てみましょう。

 

女性は年齢ではなく、人柄ではないか

結婚をしたいという女性は最近は多いようです。

しかし、バツイチや40代という人も多いとか。
そんな中で、結婚することが難しい社会となっています。

まず、性格が合うか。
この部分が一番重要だと言えます。

結局、男性の場合はイライラする相手だとダメなのです。
いくら綺麗でかわいい女性でも、その部分は結婚をしたらトラブルになります。

我慢をして、生活を続けていくことはできません。

そのことをしっかりと考えて男性は選ぶべきです。

特に男性の場合は、外見と年齢にこだわります。
確かに、自分がイケメンならいいでしょう。

そのことをしっかりと考えて、行動するべきです。
男性が集中をしていない女性には理由もありますが、あえにチャレンジしてみるといいかもしれません。

 

まず、予断を入れないで判断してみよう

相手も人間。
自分も人間です。

もちろん、どんな人でもいいわけではないです。
でも、同時にそこまで人をさばく権利がない。

女性の場合は特に男性に鋭い指摘や判断をすることが多いと思います。

相手があなたを裁くと同時に、あなたも裁いているのです。
これは、なんだかんだと言って人は人をランク付けします。

それは男女共にそうなのです。
気持ちを入れ替えて、しっかりと考えて行動をしてみてください。


コメントは利用できません。

関連記事


ランキング


おすすめ記事