バツイチ女性でも年収の高望み婚活をしなければ再婚できる

      2016/10/28

何を望むのか

「エコ恋愛(ラブ)」婚の時代~リスクを避ける男と女~の中で著者の牛窪恵氏が記述をしている。

大恋愛が苦手でも、コンプレックスを感じる必要はない。

高望みをしている女性というのは、まず普通の男性を自分は探しているといいます。
それがすごく問題なのです。

普通の男性というのはどういった男性なのか下記に記述をしてみました。

年齢30-40
身長170-175センチ以上
大手企業勤務可、公務員
年収500-700万以上
都市部にスンできる
両親との別居

これらの考え方は一般的に女性が求めるものです。

これはエコ恋愛と同じで、大恋愛をして結婚をしないといけないと思っている女性の傾向です。
自分が幸せになるためには、そこそこの条件が必要だというのです。

しかし、例えば身長が170以上である必要があるのでしょうか。
女性が身長が高いから、男性にも求めるのでしょうか。

こういった高いスペックの男性を求めることでドンドンと自分の市場価値が下がるだけです。

 

高望みして自爆しないようにする

世間体を求めて、女性は高望みしている部分もあります。
ストライクゾーンが狭いとも言えます。

女性の市場価値というものを少し考察をしましょう。

1 年齢
2 容姿
3 性格

これらが男性が求めるもので、年齢が低いと男性が多くアプローチをしてきます。
逆に言えば、年齢が若い女性は早く婚活をすれば良いチャンスが来るということです。

バツイチでも年齢が若い女性なら、男性は全く問題なく思ってアプローチをしてくるのです。

そして、容姿よりも一番重要なのが性格。
性格が自己中的なエゴむき出しな女性だと、男性は一気に嫌になります。

そもそも男性が50代なら年収1000万や700万はいるでしょう。
しかし、それ以外の若い男性でそのような年収の男性で独身。

そういったスペックの男性が他の女性がいないということはないと思います。
結果として、競合が多くなかなか結婚ができないのです。

 - 婚活