アラフォー男性が結婚を諦める時に両親をどう説得するのか?!本当に一生独身でいいのか

   

アラフォーやアラフィフィになって

年齢がある程度いって、年収がほどほど。
特に男性にとっては経済的な大きな問題となります。

そこで、もう一生独身だと思う人が多いものです。
諦めている本人、結婚を望む両親。

この対立は大きくなるものです。
それで、どうやって説得するのか悩むということが多いようです。

 

まず、自分の気持ちを鑑みる

そもそも結婚をしたくないのか。
その部分です。

経済的な問題があるのは事実。
しかし、相手が再婚バツイチであったり両輪で共働きをしても大丈夫。

そんな人には少し考える余地があると思われます。
金がすべてではないとは言え、同時にお金がないと子供を育てられない。

これは事実だろうと思います。

年齢的な問題で諦めるのは簡単ですが、45歳程度なら実は結婚の余地があるということを認識しましょう。

したくないなら、それはもう「しない」と言うほかありません。

 

結婚をしないデメリット

結婚をしないデメリットを列挙してみます。

・ 自分の健康が危ない時に世話をしてくれる人がいない
・ 一人ですべてなんでもやらないといけない
・ いつも一人で痴呆になりやすい
・ 独居老人となり最後を迎える時に誰も知らない状況となる

特に自分の体調や痴呆症などは気づけ無いものです。
よって、伴侶がいて気づいてくれることが大きなものです。

特に年齢が上がってくると何をするのか。
病院へ行く、苦しくなる。

寝込む時の看病など。
重要な要素があります。

人間、年齢を重ねてくると苦しい時に何もできないものです。
体を今から鍛えておくことも重要ですが、それ以上に重要なのは家族というのは最後のセーフティーネットであるということです。

 

年齢が高い、お金もないという方向けの婚活

それほど焦っていない場合は、ネット婚活をしてみることです。

女性は40歳を超えると、本当に相手がいないという状況です。
狙い目と言えば、語弊がありますが離婚を一度経験をしている女性は本当に献身的です。

子供がいない女性もたくさんおり、こういった女性との結婚は経済的負担も軽いと言えます。
キャリアウーマンなどは年収が男性側にも求められる可能性があります。

しかし、そういった女性ではない人と結婚ができることも考慮をしておく必要があります。

ネットであれば、そんなに傷つくこともありません。
婚活パーティーなどは本当に男性のランクというものを確認させられます。

ネットの場合はプロフィールに正直に書き、それでOKと言ってくれる相手を探すことです。

 - 40代婚活, 悩み ,